イヤイヤ期のピークは?いつまで続くの?対処法もご紹介

子どもの自我が芽生える2歳頃に突如訪れる『イヤイヤ期』。

ご機嫌に遊んでいたかと思いきや、いきなり不機嫌モード全開で泣き喚いたり、忙しい朝の時間に着替えも歯磨きも「イヤッ!」とされたり・・・。

出先でイヤイヤがはじまろうものなら、周りの目も気になる・・・。

子どもが順調に成長している過程だとわかりつつも、対応するママやパパにとっては大変な時期ですよね。

この記事では子どものイヤイヤ期の時期や原因、対処法をご紹介します。

イヤイヤ期とは?その原因は?

イヤイヤ期は、2歳前後の子どもに多く見られる、「イヤだ!イヤだ!」と自己主張が強くなってくる時期のこと。

ただのわがままで「イヤ!イヤ!」言っているように見えますが、イヤイヤ期にはちゃんと理由があるんです。

1~2歳になると子どもにも自我が芽生えてきます。

「これをやりたい」
「この気持ちを伝えたい」

そんな気持ちがあるのに、

うまくできない・・・。
伝わらない・・・。

そのもどかしさから「イヤだ、イヤだ」と癇癪を起こしてしまうのです。

イヤイヤ期は子どもの心が順調に発達している証。喜ばしいことでもあるんです。

とはいえ、イヤイヤ期真っ最中のお子さんのいるママやパパにとっては、かなり悩ましく、ストレスのかかる時期ですよね。

「イヤイヤ期はいつまで続くの?」
「イヤイヤ期ではなく、この子の性格?」

不安になることもあると思います。


イヤイヤ期のピークはいつ?終わりはくるのか・・・?

イヤイヤ期は早くて1歳半頃から始まり、2歳頃にピークを迎え、3~4歳頃には落ち着いてくることが多いようです。

しかし!!!!

それぞれ違う人間!イヤイヤ期にも個人差があります。また、「イヤイヤ期はなかった」と感じる方がいるように、ママやパパの捉え方によってもマチマチです。

またイヤイヤがものすごい日もあれば、落ち着いている日もある。イヤイヤ具合は日によっても違いますよね。

イヤイヤ期の子どもにはどう対応すべき?

イヤイヤ期の子どもに、こちらもイライラ・・・。

そんな日もありますよね。特に時間や心に余裕がない時にイヤイヤされると「いいかげんにして〜!」と叫びたくなりますよね。

ただ親がイライラするほどに、子どものイヤイヤもヒートアップ、なんて経験はありませんか?

子どもがイヤイヤモード全開になった時のオススメの接し方をご紹介します。

子どもの気持ちに共感する

「やりたい!」「伝えたい!」なのに「できない」「伝わらない」

そんな葛藤からイヤイヤが発生します。

なので「〇〇がイヤだったの?」「〇〇したかったよね」など、子どもの気持ちを言葉にして共感してあげることで、子どもも安心します。

ただ、絶賛イヤイヤの大泣き中に共感の言葉をかけても、火に油を注いでイヤイヤがヒートアップ!なんてことも多々あると思います。

イヤイヤモードが少し治ってきてから、話しかけてあげると効果的ですよ。

子どもに選択肢を与える

例えば、朝のお着替えで「着替えたくない〜」とイヤイヤしている時には、「ピンクのTシャツと青のTシャツ、どっちが着たい?」と聞いたり、一緒にタンスの洋服を選びに行ったり、子どもに選択肢を与えて選ばせてあげましょう。

自分の意見を伝えて、それを受け入れてもらえることで、すんなり行動してくれることもあります。

競争を取り入れる

例えば、お出かけ前に靴を履いてくれない時には、「ママとどっちが早くはけるかな〜」と競争するのも効果的。

もちろん子どもを勝たせてあげないと、新たなイヤイヤの火種になるのでご注意を!

気をそらせる

イヤイヤの原因を忘れられるように、気をそらすのも一つの手段!

おもちゃを持ってきたり、テレビを付けてみたり、おやつを与えてみたり、興味のありそうなことは何でもチャレンジしてみましょう。

そして最後に一番効果的な対処法をご紹介します・・・

見守る・無になる・イヤイヤ期はこういうもの!と諦める

ありとあらゆる手を尽くしてもイヤイヤが治らない場合は、子どもの安全を確保しながらも「見守る」「無になる」しかない!

しばらく見守っていると、子どももだんだん落ち着いてきます。

落ち着いてきたら「何がイヤだったの?」「どうしたの?」など、子どもの気持ちを聞いて寄り添ってあげましょう。


イヤイヤ期は成長の証。受け入れてあげることで自己肯定感が高まる!

子どものイヤイヤ期は成長の過程と頭ではわかりつつも、親だって人間。余裕がない時には、イライラしてしまったり、泣きたくなったり、気が滅入ることもありますよね。

「あの子はいい子なのに、うちの子はイヤイヤばかり・・・」

周りと比べてしまい、落ち込むこともあるでしょう。

1人ひとり性格も個性も発達も違うので、周りの子と比べる必要はありません。

イヤイヤ期にも必ず終わりがきます。そして子どもはイヤイヤ期を経て、少しずつ自立していきます。

イライラする時は子どもと一緒にイヤイヤしちゃいましょう!余裕のある時はなるべく子どもの気持ちに寄り添って、たくさん抱きしめてあげましょう。

イヤイヤ時期の子どもにおススメのおもちゃはこちら

 

アーチレインボー 

グッドトイに選ばれた、
虹色が色鮮やかなトンネル型の積み木
『アーチレインボー』

積み上げて遊んだり
トンネルに見立てて車や汽車のおもちゃと一緒に遊んだり
人形のベットにしてゆらゆらしてみたり

子どもの自由な発想で遊びが広がります。

また、見た目が可愛いのでインテリアとして飾っても可愛いですよ。

無毒の水ベースのカラーステインを使って色付けをしているので、お子さまが舐めても安全!安心して遊んでいただけます。

 

ベビークーゲルバーン


レールを自由に組み立てて、ボールが転がるコースを作って楽しむ『ベビークーゲルバーン』

こちらもグッドトイに選ばれた人気のレールおもちゃです。

「積み上げる」「並べる」「転がす」を経験でき、子どもの成長に欠かせないさまざまな能力を育んでくれますよ。

ボールは小さな手でも掴みやすい直径4.5cm。誤飲の心配なく安心して遊んでいただけます。

 


新着順